娘の乗馬日記です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2011-10-08 (土) | 編集 |
今朝9時ごろ乗馬クラブに着いたら、先生がレンの馬房で何やらやっていたので「何かあったんですか?」と聞いたら「疝痛や!」と
  
*疝痛とは・・・いわゆる馬にとっての腹痛。疝痛は馬の内科的疾病として昔から最も代表的な、 しかも発生頻度が高く、致死率の高い、恐ろしい疾病である。

昨日までは何でもなかったらしい!
急に寒くなったから??? 餌が青草・・・いや雑草だから???

先生が歩かせたり痛み止めの注射を打ったので少し様子をみることに・・・・
前の乗馬クラブの馬で疝痛で亡くなってしまった馬がいるので心配です。

馬房では直ぐに横になってしまいます。
注射を打って30分位しても起き上がろうとはしません。
汗はかいていないし熱もなさそう(測ってないけど)
私に出来る事はお腹のマッサージくらい。
先生が馬房から出して放牧する・・・放牧より引き運動は???

DSC_0032.jpg
放牧しても寝てしまいます

無理やり起こして歩かせていたら先生は「無理に起こさんといて!様子を見てもう一本注射を打つか決めるから」と・・・・これでいいんだろうか???? 私は不安です

それに、先週より痩せてきている、というよりガリガリ!!!
福島から連れてきた時みたいに・・・もしかしてそれ以上に・・・

ボロ(ウ〇コ)は何とか出ててきた! オシッコも出た! オナラも出た!

もう大丈夫かなぁ~
でも目にまだ元気はない
母はいったん帰るけど、頑張るんだレン


レンの事は心配だけど家に帰ってきて洗濯・掃除・昼ご飯を食べていると、テレビからアナウンサーが騒いでいたので見ると、東京競馬場の6レースに出走する ツクバコガネオーがどうやらゲートをくぐって一頭で走っていた
その後、何とか捕まえて出走除外になるかと思っていたら大丈夫だったらしく、騎手が跨り6番だったけど一番外のゲートからスタートしました。
疲れているだろうから走らないだろうと思っていたら、何と一着でのゴールでした。
凄い馬だー!!!
それとも他の馬が待たされ過ぎてやる気をなくしちゃったのかなぁ(笑)


前のブログでのステッカーを貼りました。
DSC_0030.jpg

さぁ、用事は全て終わったのでクラブに迎えに行ってきます。
レン治っていればいいなぁ~~~
犬や猫みたいに直ぐ獣医さんに診てもらえればいいんだけど、そうはいかないんです。
馬を診れる獣医さんが少ない・近くにいない・往診料が高い・診察や薬代が高い等々。
すべてお金・お金・金・金・金・・・・・嫌になります




Comments:
この記事へのComments:
大丈夫でしょうか?
かるまま様
昨日はお疲れ様でした。本当に馬と共に生きていくことの大変さがわかりました。
「馬は牛に比べると食べ物を消化してくれる腸の長さがかなり短いんで疝痛になりやすい」って聞いたことがあります。最初に持った馬も疝痛になって開腹手術していました。
レンがどうか無事に治りますように。
2011/10/09(日) 04:31:58 | URL | ポケット #-[ Edit]
ポケットさんへ
心配してくださりありがとうございますv-436
夕方に2本目の注射を打って大分良くなったみたいです。
帰る頃は下痢が何回も出ていました。
下痢が続くとまた心配ですが、今日もこれからクラブに行くので様子を見てきます。

動物の体調管理は難しいですね。
食べ物だけではなく気温や環境の変化等でも疝痛になってしまうんですよね
先生は馬着は着せないので急に寒くなった気温にレンが着いていけなかったのかも・・・・?v-409


2011/10/09(日) 06:54:31 | URL | かるまま #-[ Edit]
大丈夫?
こんばんは、フロムジャパンです。

ここのところ、ブレーキングの疲れがたまっていて自分のブログと牧場のブログを更新するので精一杯で訪問出来ずにいたのですが、その間に疝痛だったとは・・・。もう治まったようで何よりですが、疝痛持ちの馬は繰り返し腹痛を起こすので注意が必要です。

疝痛も結腸疝のような便秘疝やガスっ腹とでは対処の仕方が変わってきます。長引くのは便秘疝。急性で怖いのはガスっ腹で、捻転や変位を起こし死に直結するのはこちらです。

疝痛を疑う時は、まず体温を測りながら馬を良く観察します。前がきや発汗が酷い時は痛みが強い急性期なので、すぐにバナミン等の痛み止めを打つ必要があります。次にボロの状態をチェックします。便秘疝ならボロは小さくコロコロです。ガスっ腹の場合は臭いが強く、軟便です。ぼろが見当たらず判断が付きにくい時は、肛門の乾燥状態を見て下さい。

引き運動は結腸疝にはある程度有効ですが、ガスっ腹の時は逆効果になり、腸の捻転や変位を招くこともあるので、痛み止めを打ち様子を観察してから対処するのが良いでしょう。

近いうちブログで疝痛の特集をするので参考になればと思います。
2011/10/11(火) 20:22:32 | URL | フロム ジャパン #-[ Edit]
フロムジャパンさんへ
とても分かりやすく説明してくださりありがとうございます。

あんなにぐったりしたのは見た事がなくて、先生からの説明も言葉足らずで不安でした。
「無理に起こさんほうがええ!」もフロムジャパンさんの説明で納得しました。

最近先生との意思疎通が上手くいかなくて、先生が言っている言葉を直ぐ悪い様に勘違いをしてしまう自分を反省しなくてはいけませんね。

先生もフロムジャパンさんのように説明が出来れば・・・・と!
いやいや、私が先生を理解して信用していかないといけないんでしょうね

本当にいつも助けてくださりありがとうございます。
2011/10/12(水) 10:25:31 | URL | かるまま #-[ Edit]
Comments:を投稿する
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: