娘の乗馬日記です。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
2012-01-14 (土) | 編集 |
沢山のコメント頂きありがとうございます。
なるべく返信しておりますが、足跡がたどれない方がいらっしゃいますので、このブログから返信させていただきます。

レンとフクは、私の馬では有りませんでしたけど、私がクラブのオーナーに被災馬の話をしてら、「連れてこよう」という言葉に初めはとても喜びました。
建物・設備等はかなりボロでしたけど、「お金は持っている」という言葉を信じてしまいました。
馬には一か月かなりの費用がかかります。犬や猫のようには飼えません。
このクラブも、確かに初めはお金はあったと思います。自馬を4頭預託していた人が突然亡くなってしまい、馬はそのままクラブに残っていて、収入源が居なくなってしまったのが、今回の様な結果に繋がって行ってしまったと思います。
数年前までは、かなり賑わっていたみたいです。

だんだん、クラブの実情が分かってきてからは、何度となくオーナーに「もっとお客さんが来てくれるようにチラシ・ホームページの更新・以前の会員さんへの呼びかけ等の話をしたんですが、「そうやなぁ・・・」とは言うものの受け入れてはもらえませんでした。

餌も、前はヘイキューブの他に麦・ふすま・ぬか・カルシウム・塩等はあげていたみたいです。
それが、段々ヘイキューブだけになり、そのヘイキューブすら10月頃から買えなくなり、自ら毎日朝・昼・夕と何処かに刈りに行って与える様になってきました。

10月の終わりに、レンとフクを引退馬協会に引き取ってもらうように連絡をしてみてはいかがですか?と言ってみたんですが、「何でそんな事を言うねん。大丈夫だといっているやん」と怒られてしまいました。
そうこうして、11月の私とオーナーとの怒鳴り合いの喧嘩に・・・・

オーナーを追いつめて意固地にさせてしまったのはもしかして私かもしれません。
とは言っても許せませんけどね。

レンとフクが私の馬であったなら簡単に他のクラブに移動出来ていたでしょう。
私にお金があったなら・・・・
でもきっとお金があったなら、このクラブには入会はしなかったかも・・・

被災馬に支援をしてくださった方々には大変申し訳なかったとおもっています。

コメントにこの様な言葉をくださった方がおります。

           宇宙の法則は
         やったように自分に返るんです。

         私達が手をくださなくとも
         必ずそうなるものです。
         今後は経済主体の時代から震災をきっかけに生命主体に
         シフトすると感じています。
         国の動物たちへの今回の対応・・・
         私も忘れやしません。
         命を無駄にするものに天が味方するわけがありません。
         きっと返りますよ。
         我々は助ける側に手を伸ばせる人でありたいです。




現在は、ヘイキューブはあるみたいです。ただ、これから中からの情報が途絶えそうなので心配です。
レンとフクの死、シンちゃん・コメちゃんの死を無駄にしないように、残っている馬を早期に移動出来る様に引退馬協会の方の力をお借りして実現出来るように頑張っていくつもりです。







Comments:
この記事へのComments:
Only the administrator may view.
Only the administrator may read this comment.
2012/01/15(日) 00:30:08 | | #[ Edit]
No title
権力、地位、お金でねじ伏せる資本主義の世の中である以上、この人達を改心させたり改善させたりすることは、無名の私たちには難しいですが
小さな声、行動が 大きな力となり、何時かそんな「おごり」の塊を、はね除ける事は、できるはず。
オーナーは落ちて行く自分の地位をなんとなく感じていながら、認めたくない、ペーペーの馬の事も分からないお前らが、ガタガタ言うな!と思っているのでしょう、吼え続けていたり嘘で固めて自分を守ろうとしている様子が見え隠れしている。今ある状況を認める事をせずに。
気が付けば自分の周りに誰一人いなくなってしまう、そんな悲しい状況が待っていることも分からずに。
人々に尊敬される人は、去る時期を知り、自分の足下の見れる人。先きを読める人だと私は、思っています。

2012/01/15(日) 06:25:35 | URL | gagamo #N0TI1e0.[ Edit]
gagamo さんへ
とてもスカッとするコメントをありがとうございます。v-411v-218

本当にその通りだと思いますし、実際オーナーの周りには1人?2人位しか残っていません。

まさに  憎まれっ子世に憚る
2012/01/15(日) 11:05:40 | URL | かるまま #-[ Edit]
Only the administrator may view.
Only the administrator may read this comment.
2012/01/17(火) 10:39:10 | | #[ Edit]
Only the administrator may view.
Only the administrator may read this comment.
2012/01/30(月) 11:22:09 | | #[ Edit]
Comments:を投稿する
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: