娘の乗馬日記です。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
2012-01-08 (日) | 編集 |
しばらくお休みするつもりでいたんでんですが、元気だったころのレンとフクを見ていただきたくて更新させていただきました。

まずはレン とても淋しがり屋で、とても臆病なレンでしたけど、暴れたりはしないで、自分で納得がいくまで目・耳・鼻で確認してから動き始めます。とても利口なレンでした。
手入れが大好きで、こんな表情に
2011-06-15 2011-07-17 001 001

2011-06-19 2011-07-17 001 001
2011-06-19 2011-07-17 001 002
2011-06-19 2011-07-17 001 003
甘えん坊です でもとても苦しい時も・・・・

しかし、レンのこの甘え方は発情の時限定だとしばらくしてからわかりました。
発情していないときのレンは、とてもクールです。
数少ない放牧をしてもらえた時のレン
2011-08-06 2011-08-06 001 008
このときは雨上りの馬場で足場が悪かったため、足を滑らせて転んでしまいました 

気持ち良くて少しの間まったく動かなくなったのでビックリしたことも
DSC_0092.jpg
2011-07-14 2011-07-17 001 008

とっても可愛かったレン、ありがとう



さて今度はフク
フクは写真写りがとても悪く、可愛いく写っているのが無いんです
こんなのばかりなんです。(笑)
2011-07-16 2011-07-17 001 004
上唇かなり曲がっています
2011-07-16 2011-07-17 001 003
こっちはアッカンベーしているし(笑)
下の写真も鼻先に力入ってるし
P1000117.jpg
引き手で遊ぶフク
2011-07-14 2011-07-17 001 006
フクは放牧してあげると、走るより下を探っていつも食べ物をさがしていました
2011-08-06 2011-08-06 001 002
フクはすぐ帰りたがりました。
2011-08-06 2011-08-06 001 003
きちゃな~い・・・・
2011-08-06 2011-08-06 001 005
フクもとっても甘えん坊でした。馬房に入ると人の後ろを付いて回ったり、ブラッシングをしていてもちょっかいをだしてきました。
にんじんやリンゴを食べた後、何故かチューチューとおっぱいでも吸っているような仕草をしていたフク、フクを見ているととても癒されました。 ありがとう

天国で福島の時の友達に会えたかなぁ



でもやっぱりレンとフクに会いたいよー 今すぐに・・・・

Comments:
この記事へのComments:
No title
いつかは、必ず別れがくる。それは私たち人間も含め自然界に産まれた宿命。
愛情をたっぷり注ぐ事で、その別れは後々自分の前進へのエネルギーになる、と私は思うので、今飼っている犬も預託している馬も、そして子ども達、家族を大事に思うし温もりを感じていたいと、そう思って時間を過ごしています。いつかその場面を迎える時が来る、その覚悟を持って。
泣いて泣いてありがとうと言って送り出したい。

レンやフクは、きっと被災後にかるまま家族に会って、幸せだと感じていたはず。その思いはきっと通じていたよ。
天国で
ありがとうと、言っている。
2012/01/09(月) 07:05:07 | URL | gagamo #N0TI1e0.[ Edit]
gagamoさんへ
心温かいコメントありがとうございます。

確かに別れは必ずきますよね。別れ方にも、長い間看病をしての別れや、突然の別れ。
仕方が無いことだと思っていても辛いものですよね。
だからこそ、今いる猫達や犬達に一生懸命愛情をそそいで、命を大切にしていかないといけませんね。

レンとフクは私たちと出会えて幸せだったと思ってくれているかなぁ???
今頃、仲間に愚痴ってるかも・・・・
2012/01/09(月) 08:01:26 | URL | かるまま #-[ Edit]
No title
かるまま様こんばんは

先日はうちのブログにコメントをありがとうございます。
時々拝見させてもらっていましたが、2,3回前の記事から一転、亡くなったんでしょうか。

私は馬が近くにいる環境で過ごしていないのですが(競馬場で見るぐらい)、競馬漫画の巨匠?やまさき拓味先生の漫画で、今回に似たようなケースを何度か読んだような気がします。
漫画でしたが、とても悲しくとても辛かった記憶があります(やまさき先生の漫画では良く泣かせてもらっています)

現実に体験し、しかも自分の家族のような近しい馬でそのような事になって、とても辛かったと思います。
私もうちで飼っている犬が外でビニールシートをかけられていたら、やった人間に殺意を抱くかもしれません。

馬は経済動物と言われていますが、命を持って生きているんです。
人間のエゴでどうにかされるのは辛いですね。

かるまま様が世話をしてた時、レン君とフク君は幸せだったんじゃないでしょうか。
良い思い出を胸にまた生まれ変わってきてくれると良いですね。
2012/01/09(月) 21:19:25 | URL | omusubi69 #-[ Edit]
omusubi69 さんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。

今回の事は、本当に堪えています。
もっと早くに行動をしていたら救えた命だっただけに、自分が情けないんです。
そして、クラブのオーナーの事は絶対許せないでしょう。

人に飼われている動物達は、自分の命を人間に預けているので、人間も本気で守ってあげないといけないんですよね。
それが例え手放さなければいけなくなったとしても・・・

でも、大勢の方が助けて下さって、残っている9頭は何とか命をつなぐ事ができたので感謝しています。

2012/01/09(月) 22:21:14 | URL | かるまま #-[ Edit]
Only the administrator may view.
Only the administrator may read this comment.
2012/01/11(水) 03:00:14 | | #[ Edit]
Comments:を投稿する
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: