娘の乗馬日記です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2011-11-05 (土) | 編集 |
今日いつものように乗馬クラブに行ったら先生から呼び出し!!!

突然、「レンとフクは誰の馬や?」と聞かれたので「クラブの馬ですが・・・」と答えました。
そしたら「今後馬房の中に入って餌(にんじん)をあげるな、触るな」と?????
先生が放牧や外に出しての手入れを嫌がるので馬房の中に入ってブラッシングやにんじん・りんご等をあげていました。
何故急に激怒しながら私に言い出したかと言うと、実は何回かブログにも載せたと思うんですが、ここ何カ月か餌(へイキューブ)がない状態が続いていて、あっ!まったく無いのではなく、月末か月初めに無くなり10日~15日くらいに餌を買うというのが繰り返されていて、へイキューブが無い時は草を何処からか刈ってきたり、市が公園等で刈った草をもらったりして食べさせてはいました。
クラブには馬が13頭いて、その中の2頭が自馬で1頭が半自馬です。
自馬会員の方からの預託料でほぼ全馬の餌代をまかなわなければいけないので経営は大変だと思います。
会員さんも少なくて土日は自馬の2人の他に1~2人くれば良い方なんです。
平日も月~金曜までに1~2人くらいしか来ないですね。
まぁ、これだけでは経営のことは分かりませんがね・・・・・・

餌のことと放牧をしないことをアリ子のお姉さんに電話で相談しました。
お姉さんは、レンとフクだけに個人で餌をかってあげたら!
放牧に関しては先生と話し合った方が良いけど、本来馬房の中で飼う生き物ではないので放牧はしてもらいたいけど・・・!
移動に関してはクラブの馬だし受け入れ先も難しいと思うよ!と言われました。
もしかしたら、お姉さんかお姉さんが引退場協会に報告したかして先生の激怒の結果に繋がったのでは・・・
それかー、私が最近先生に挨拶もしないでレンとフクの世話をして挨拶もしないで帰って行くから気に入らないのか・・・・(餌のことで最近話す気にもならなかった)
でも、これは反省ですね 娘がお世話になっているのに

私はこの二頭を連れてきた事を本当に後悔している!と先生に言ってしまいました。
私が先生に津波にあい一週間も飲まず食わずで怪我を負いながらも救出されて安住の地を探している馬がいるんですよ!と言ったら快く受け入れてくれたんですが、私が言わなければ2頭は今頃ちゃんと餌をもらって放牧もさせてもらっていただろうに・・・・

先生に「私はただレンとフクに幸せになってもらいたいだけなんですけど」と言ったら先生は「そんなことあんたがかんがえんでもええ」と・・・・なんだと~~~ このくそじじぃが と心が叫んで口まで上がってきていました


話し合い????言いあい????喧嘩の末「もう来んでもえぇ!」と、私もつい「分かりました!もう来ません」と言ってしまいました
レンとフクが居るのに・・・・・どうしよう・・・・・もう会えなくなってしまいました


レンとフク以外の馬はは太っていたので現在は痩せて丁度よくなってよかったんですが、レンとフクは福島から連れて来た時より痩せてきてしまっています。

草も今日見たときはイモのつるで殆どの馬が残していました。


娘に「こんなことになっちゃった!クラブに残りたかった?」と聞いたら、「ママの方が正しいと思うから大丈夫!レンとフクが居なかったらとっくに辞めていた!」と、最初に先生と会った時は素晴らしい先生に見えたんですけどね・・・・



娘は他にも近くに乗馬クラブがあるので移動は簡単ですけど、レンとフクを他に移動させたいけど「移動させるなら今までの餌代えを払ってから連れて行け」!!!!!無理に決まってます

あ~~~~最悪です




Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿する
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: